知って得する、自分で車検を通すユーザー車検のノウハウ

そもそもユーザー車検とは

自動車を所有していると、数年に一度必ず受ける必要がある自動車検査。車検という通称の方が分かりやすいかもしれませんが、この車検は基本的に自動車販売店等に任せている方が多いのではないでしょうか。しかしあまり知られていませんが、実は車検は自分で受験する事も可能なのです。これをユーザー車検制度と呼び、最寄の陸運局で誰でも利用が可能です。ユーザー車検は、自動車の事に詳しくない一般の方でも簡単に受験できる仕組みになっています。

ユーザー車検に必要な費用

ユーザー車検は、車検を受験する上で最低限必要な費用だけで安く通す事ができる仕組みです。その具体的な費用は、まず自動車重量税です。一般的な乗用車であれば2年分、商業車であれば1年分の自動車重量税を納付します。車種によって税額は大幅に異なります。次に自賠責保険料の支払いです。乗用車と軽自動車で保険料は異なります。最後に自動車検査受験手数料が必要です。この3つの費用があれば、後は書類を記入するだけでユーザー車検制度を利用できます。

実際に自動車検査を受ける

自動車検査は、基本的に陸運局の敷地内に設置された車検用の検査ラインにおいて、自動的に行われます。もちろん車は自分で運転しながら検査を受けていく必要があるのですが、自動車の事をあまり知らなくても簡単に受験できるようになっています。未経験の場合は検査員のサポートも受けられますので安心して受験できます。ただ自動車自体が保安基準に適合していなければ検査にはもちろん合格できませんので、その場合はしっかりと合格できるように整備を施して、再検査を受けることによって検査に合格する事ができます。

車検と言えば、車の所有者は必ず受けるものという認識がありますが、車検が切れた状態で、何年も乗っている方がいます。道路運送車両法により義務となっています。